2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« タイムドメイン スピーカー | トップページ | タイムドメインスピーカー(3) »

2008年6月30日 (月)

タイムドメイン スピーカー(2)

前回のタイムドメインもどきは筒長が13cmでした。
今回は低音をもう少し出せないものかと30cmの長さでもどきを作ってみました。
スピーカーと筒の間の振動を絶縁させる本格的?なゲルがまだ入手できていませんので
前回同様、放熱器用のゲルとビニールテープで塞いでいます。
塞いでいるうちにみるみる低音がでてきます。
筒の素材、ゲルの素性、仮想グランドの重さ及び形状、吸音材、そして後面開放がタイムドメインスピーカーのキーワードと考えますが、スピーカーの大きさはφ40に拘ります。
下の写真はスピーカーを含めて442gになりました。
これに300x140x10mmのウールを巻き付けました。
しばらく鳴らしてからウールの量や位置を変えてみたいと思います。
取りあえずは前回より低音が出て納得しています。

Dsc00332_2

比べてみた写真です。

Dsc00334_2

先週の金曜日にO氏とW氏が遊びに来たおりに、なにげに鳴らしましたら即触発されました!
今夕は、東急ハンズで材料を物色しながら電話がかかってきました。
今週中にゲル持参でちょこっと顔を出すと言ってました。
楽しみ、愉しみ。
また、これを聞きつけた「職人の手を撮る」というA氏も触発されてワン公スピーカーを創りました!彼はフォトショの達人でもあります。
A氏のHPを参考にして欧州の旅籠巡りをしている方も沢山おられるそうです。

« タイムドメイン スピーカー | トップページ | タイムドメインスピーカー(3) »

iPod Touch External Circuit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/21991616

この記事へのトラックバック一覧です: タイムドメイン スピーカー(2):

« タイムドメイン スピーカー | トップページ | タイムドメインスピーカー(3) »