2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 電力線リモコン | トップページ | タイムドメイン スピーカー(2) »

2008年6月26日 (木)

タイムドメイン スピーカー

くだんのアンプ付き299円のφ40スピーカーでタイムドメインスピーカーもどきを創ってみました。
寸法の根拠等は全くありません。
多分に僕の主観がはいっていますが、出てくる音に躍動感があり定位は安定しています。
密閉型やバスレフのような付帯音やこもった感じがありません。台風一過の青空のようです!
流石に重低音は出ませんが部屋一杯に音が広がります!
不思議な?スピーカーです。凄い原理のスピーカーです。
タイムドメインスピーカーの原理はこちらに詳細が載っています。

仮想グランドはφ10の鉄ネジに重しとして継ぎ手を2個取付けました。
スピーカーのマグネット部分にナットをエポキシで固定しジョイントします。

Dsc00327_3

吸音材は10mm厚のウール吸音材をおごりました。
これを入れないと高音域が出過ぎます。
ピンスパイクはゴルフのティアップ用のものを切って使います。

Dsc00326_3

まだゲルのパッキンが入手できていないので間に合わせの材料でスピーカーを筒から分離させています。


Dsc00328

このような感じに仕上がりました。
筒はアルミ素材のφ40で厚みは1mmです。
筒の鳴きはほとんどありません!だから濁りが無い!
時間が取れたら筒を長くして仮想グランドをもっと重くしたのを創りたい。

これは皆さんも創って聴いてみる価値はあると思います。

Dsc00325_3

« 電力線リモコン | トップページ | タイムドメイン スピーカー(2) »

iPod Touch External Circuit」カテゴリの記事

コメント

アルミがスペースちっくで
カッコイイですね。
ムラムラ、作りたい♪
余裕ができたらチャレンジしてみたいと
思います。
タイムドメインかぁ、勉強しよっと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/21910971

この記事へのトラックバック一覧です: タイムドメイン スピーカー:

« 電力線リモコン | トップページ | タイムドメイン スピーカー(2) »