2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

ER-4S ケーブルアダプターの試作

ER-4S のケーブルアダプターを試作しました。
コネクター部分のピン径は1φと1.27φです。
1φはD-Subコネクターのピンで代用できます。
1.27φは適当な代用品が見つからず
さりとて削って、という時間もありません。
テストポイント用のピンで写真のようにスプリングになっているものがあり流用しました。
1個だと接触に不安があると考え2個使用しました。
アダプター部分は両面プリント基板を6mm角にカットして使います。
ケーブルは惜しげも無くアップル純正のイヤホンを切断して使いました。
Dsc02087

TPA6120のバランス出力HPAの出力に各57Ωをシリーズに接続して試聴。

TPA6120は出力に10Ωが既に実装されているので外付けは47Ωです。
合計57ΩX2=114Ω
今回のHPAは+/-15V駆動で
馬力があるので規定値100Ωに対して大きめで試します。

参考迄にコネクター部分の拡大写真を

Dsc02086

ER-4はP,S,Bともにトランスデューサーは同じで
中間部分に組み込まれているエコライザーの値が
異なるだけとの事なので
それらをHPAに組み込めばすっきりします。
また切り替えられると一粒で三度も美味しく聴けます。
そして、バランス駆動だともう、泪ものですね。
エコライザーの値は下記の様らしい。
ER-4S:100Ω
ER-4P:22Ω(20Ω)
ER-4B:100ΩとXLが並列接続
XL=100Ω+0.22uF(Series)

ケーブルノイズはケーブルを耳穴から耳の後ろにケーブルをぐるりと回すと
耳の付け根部分のケーブルが接触している部分から
HPA側へのケーブルノイズはかなり軽減されました。

ER-4Sの低域がご不満な方!
ER-4Sのそのまんまの低音も悪くはないが
バランス駆動にすると
ER-4SはRoaring Forties(吠える40度)を超え
    Furious Fifties(狂う50度)
    Shrieking Sixties(絶叫する60度)まで豹変する!?

と、まぁいつもの
創ったときのプラシーボ効果とお聞き流し下さい。

2010年4月22日 (木)

特製 ハイボール

最近は角のハイボールを時々いただきますが
ハイボールの炭酸系をちょいと趣向を変えて
ペリエ&角!
当店のオリジナル・ハイボールです?
これから夏に向けて
大きめの氷をオールドファッショングラスにぶち込んで
ぐびぐびいきましょう。
僕の場合はウイスキー!:ペリエ2〜3

ER4とbで音を聴かせたところ
ER4ではペリエにきれが増し
bでは角がまろやかになりました。
写真のように逆にすると
個性が相殺されてしまいそっけない味になります????

Dsc02069

ER4 microProの修理

仕事上の取引先の方から
片チャンネルが断線したというER4を頂戴しました。
元箱に付属品一式も入っていました。
断線箇所を修理しましたが音割れがひどく
これは本体が昇天しているかもしれないと考えつつ
マニュアルやスペアパーツを見ていると
フィルターというのがあり、交換しました。
するとどうでしょう!
素晴らしいサウンドが脳天を突き刺してくるではありませんか!!!
低音は物足りないが中高音域の分解能の高さから
実に素直な低音がでてきます。
なにより気に入ったのは本体がコネクターで抜き差し可能。
これは遊べます。
ピン径は1.26φと1.0φ。
時間が出来たらバランス対応のケーブルを創りたい。
またケーブルノイズを軽減する線材も探したい。
ER4ドライバーユニットは非常にユニークな形状で
中の構造が知りたい。

一気にER4の虜にさせてくれた
Ozさん、有り難うございました!

Er4
フィルター交換はこちらをご覧下さい。

2010年4月18日 (日)

Burr-Brown DCP01B Series

Burr-BrownのDIPタイプ DC/DC Covertorが気になっていて
取り寄せてみました。
入力が+5Vで出力が+/-15Vの1Wタイプです。
Dsc02046

ブロックダイアグラムです。
時間が取れたら評価してみます。
出力にロードループ、ローノイズのリニアレギュレータを付けると
PHPAに使えそうです。
DIPタイプの中にトランスが実装されているというのが
製作意欲をかき立ててくれます。
仕事がまた忙しくなってしまいHPAの基板化はちょいと先になりそうです。
このブログを立ち上げてから今月で2年になりました。
読んでくださっている皆様
これからも宜しくお願いします。


20100418_100217

2010年4月13日 (火)

PGA2311 + PIC12F675

友人はRK-50、こちらはPGA2311で勝負?
アナログのおもちゃ箱の店主はソフトはからっきし駄目、
そこで困ったときの神頼み
PICが得意な友人に頼んだら基板に組み込んで持参してくれました。
感謝、感謝です。
綺麗な造りでお人柄が忍ばれます。
Dsc02041
早速、火入れです。
いままで気になっていたボリューム位置9時前のギャングエラーがない!
いいです。深夜音量を絞って聴く時には最適・快適です。
ギャングエラーに関してはRK-50にも引けはとらないでしょう!
Dsc02042
久しぶりにRAY BYANTを聴いてみた。
左の運指が身体を揺さぶります。

こいつをHPAに組み込みたい!!!!!

RK-50A(Alps)+Blanpain

友人にWBTのRCAプラグ+ジャックを1セット進呈したら、加工を依頼されてしまいました!
駄賃はこの為に購入したしたフォスナービットと余った高級半田?
Dsc02031

葉巻のケースとはふた味違う。
美しいですね。
興味のある方はこちらへどうぞ?

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »