2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« Diamond Buffer(2) | トップページ | TPS7A4700 PCB →Mods TPS7A3301 »

2013年8月16日 (金)

OPA860 I/V Convertorの実験

Operational Transconductance Amplifier(OTA)のOPA860 を使用したNon-Feed Back I/V Convertorです。

下図は測定方法と20KHz入力時のステップレスポンスです。
Function Generatorからの矩形波は前回作った「Howland Current Pump」回路で電流に変換されてOPA860のEmitterに入力されます。
ローインピーダンスのEmitterに入力された電流は高速でハイインピーダンスのCollectorにミラーリングされます。
その電流を500Ωの抵抗で電圧に変換しています。
20130816_201023
上記測定条件のときの正弦波入力時の出力波形です。

20130816_194534

周波数が2MHz時の矩形波応答です。

非常に応答速度が早く「Howland Current Pump」回路の応答波形を再現しています。

20130816_194420

参考迄に周波数が2MHz時の正弦波応答です。

この状態で-3db落ちの周波数を測定しましたら11MHzでした。

この値は多分にHowland Current Pump回路の制約と考えられ、実際はもっと伸びていると推測します。

20130816_194457

標準電圧・電流発生器から+/-の電流を直接エミッターに流した時の出力電圧特性です。

20130816_212108

標準電圧・電流発生器は10年以上も前に友人の会社から廃棄処分にするのを頂戴した物です。

なかなか出番が無かったのですが今回は重宝しました。

ニキシー管の表示が何とも良い雰囲気で好きです。

ただ重いので(約25Kg)のでセットアップするのに覚悟がいりました。

20130816_215818

OPA860のエミッターには保護回路がありません。

実験中に不覚にも4個も壊してしまいました!

Reference:

1.Demystifying the Operational Transconductance Amplifier(TI)

2.New Ultra High-Speed Circuit Techniques  With Analog ICs(BB)

3.IMPLEMENTATION OF ACTIVE ELEMENTS FOR ANALOG SIGNAL PROCESSING BY DIAMOND TRANSISTORS

4.特许US4983930 (Current Conveyor)

5.無帰還IVC[LINK]

6.新しいCCII電流コンベア[LINK]

7.DEM-OTA-SO-1A Demonstration Fixture

8.OPA861 Output Stage for AYAII DAC

9.Current conveyor as a voltage amplifier(diyAudio)

10.Detail of the Current Conveyor Technology

11.ADC 入力バッファアンプの新回路(2005.09.25 Kephis @ nifty . com)

12.OPA860,OPA861,OPA660,OPA380,LM13600,CA3080,ADS820,MAX435-6


« Diamond Buffer(2) | トップページ | TPS7A4700 PCB →Mods TPS7A3301 »

09.DAC,I/V Convertor」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/52908664

この記事へのトラックバック一覧です: OPA860 I/V Convertorの実験:

« Diamond Buffer(2) | トップページ | TPS7A4700 PCB →Mods TPS7A3301 »