2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Fully Differential Circuit for HD-800 | トップページ | Deboo Differential DC Servo for AD851 HPA »

2013年9月22日 (日)

AD815 Composite Full Balanced HPA

AD815 Composite Full Balanced HPAを創りました。

Walt Jung氏「Composite Line Driver With Low Distortion」の文献を元にバランス出力にしたHPAです。
電源は初めてシャント・レギュレータで組んでみました。
実際は写真の放熱器を2段重ねにしてAD815にも放熱器をつけました。

20130922_04158

回路図です。DACからは全てDC結合でヘッドフォン端子でのオフセットDC 電圧は+6mV、ー5mVでした。
最終的には1mV以下にしたいと考えています。
回路図でのボリュームはMAS6116のデジタルボリュームです。
AD815は入手が難しいと思いますのでTPA6120に置き換えても良いと考えます。
シャント・レギュレータが効いているのかAD815の個性なのかまだ判りませんが時間を経るについてバランス出力ならではの音の躍動感が増しつつあります。
これはTPA6120も同じ回路で組んで評価してみたくなってきました。

20130922_03831_2

閑話休題
皆様ご存知のハイレゾ音源を再生出来るAK120と昨日発売されたFiio X3。
カタログで写真のみ見ているとFiio X3のほうが小さいと感じます。
VectorWorksでScaleを調整して大きさを比べてみました。
20130922_12353

« Fully Differential Circuit for HD-800 | トップページ | Deboo Differential DC Servo for AD851 HPA »

04.Head Phone Amplifier」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/53343404

この記事へのトラックバック一覧です: AD815 Composite Full Balanced HPA:

« Fully Differential Circuit for HD-800 | トップページ | Deboo Differential DC Servo for AD851 HPA »