2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« TPS7A4700基板の部品実装図 | トップページ | CPS250 Schematic »

2014年1月 8日 (水)

Tektronix CPS250

息抜きに秋葉原を散策。

計測器ランドで売価が12.000円のテクトロの3出力独立電源を発見?
なおかつレジで30%OFFとの事!迷わず2台全部購入してきました。
ビンテージものにしてはかなり奇麗な外観を保っています。
USER MANUALは本家のテクトロからダウンロード。
右上のスイッチで2出力ある0-20V電源をシリーズ・パラ・インデペンドと切り替えができます。
ソニー・テクトロニクス時代の製品でした。

1

内部も奇麗でした。
レギュレーターICはuA723が使われていました。
シリーズパスレギュレーターのパス・トランジスターの配線とトランスの2次側が束ねられているというちょっと乱暴な配線が気になります。
電解コンデンサーも必要最小限の容量のようです。
出力リップルのスペックは2mVrms(5Hz~1MHz)です。

2

時間ができたらチューンナップしたいと考えました。
サービスマニュアルはebayで見つかったので即注文しました。
仕事がまだまだ忙しくてDACをまとめあげられていませんが
久しぶりの買い物は気分転換に良かった?

20140108_175401

散策ついでにヨドバシのオーディオ・フロアを覗いてみました。

BOSE製のライトニング・コネクター対応のドックスピーカがありました。またゼンハイザーのHDVD-800が22万円で発売されていました。HDVD-800はすっきりしているデザインが好きです。

レファレンスに1台どうよ、という悪魔の誘いを振り切って帰ってきました!

« TPS7A4700基板の部品実装図 | トップページ | CPS250 Schematic »

16.アナログ回路(Tips)」カテゴリの記事

コメント

Bunpeiさん、お久しぶりです。
CPS250のリップルは改善できると考えています。
仕事がようやく今月末で一息つけますのでまたDACで遊びます。

Bunpeiです。

お久しぶりです。今日、秋葉原でCPS250が2台出ているのを見つけて、ウェブで情報を収集してからにしようと思って帰ってきました。

その後、チューンなさって、DAC周りの電源用としてはいかがですか?
スペック値的には、最近の機器と比べてリップル値の値が見劣りするように思えたのですが、持った重さには値打ちがあるようにも感じられて迷っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/54537215

この記事へのトラックバック一覧です: Tektronix CPS250:

« TPS7A4700基板の部品実装図 | トップページ | CPS250 Schematic »