2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« DE-5000 Test Fixture (SMD) | トップページ | DE-5000で抵抗の寄生インダクタンスを測定(2) »

2014年9月30日 (火)

redpitayaでLCR測定

KickStarterであっという間に目標額に達した

redpitayaでLCRを測定できる準備が着々と進んでいるようです。

100Hz to 500kHz continous frequency range

0.5% basic measurement accuracy

the device will be able to measure 10 impedance parameters

4terminal Kelvin connections

automatic parametric frequency sweep

They did it-the LCR Meter

下の写真は上記のビデオからキャプチャーしたLCR MeterのUser Interfaceです。

精度をあげる為には何らかの外付け回路が必要な気がしています。

0.5%精度でインピーダンスチャートを表示できるならredpitaya購入したい。

このニュースからしばらくは目が離せない。

redpitayaはWiFiで飛ばせるのでiPadで使えるのも魅力です。

20140930_122521

LCR測定はAnalog Discoveryでも出来るはずで

LCR測定させるハード部はかなり煮詰まってきています。

ハード部はDUTの電圧を測定するDifferential Amplifierと電流を測定する

Current to Voltage Convertorから構成されます。

そのハード部を

ネットワーク・アナライザー機能に接続するとインピーダンスと位相は表示可能なはずです。

« DE-5000 Test Fixture (SMD) | トップページ | DE-5000で抵抗の寄生インダクタンスを測定(2) »

16.アナログ回路(Tips)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/57534480

この記事へのトラックバック一覧です: redpitayaでLCR測定:

« DE-5000 Test Fixture (SMD) | トップページ | DE-5000で抵抗の寄生インダクタンスを測定(2) »