2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« redpitayaでLCR測定 | トップページ | Analog Discovery-Mesuring a Low Impedance Profile »

2014年10月17日 (金)

DE-5000で抵抗の寄生インダクタンスを測定(2)

100mΩMELF抵抗をフラックスを打ち消すようにシリーズ接続。

200mΩを20パラ接続で10mΩです。

Open-Short後の結果は3nH(at100KHz)でした。

20141017_184936

始めは横着?をしてパラ接続をシリーズにして測定しました。

シリーズ接続の為の配線インダクタンスが大きい結果となりました。

P1000623

この項、おわり。

« redpitayaでLCR測定 | トップページ | Analog Discovery-Mesuring a Low Impedance Profile »

16.アナログ回路(Tips)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/57707235

この記事へのトラックバック一覧です: DE-5000で抵抗の寄生インダクタンスを測定(2):

« redpitayaでLCR測定 | トップページ | Analog Discovery-Mesuring a Low Impedance Profile »