2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« High Impedance Measurement Interface for Analog Discovery(Final) | トップページ | AD4841 Howland Current Pump »

2014年12月31日 (水)

Wide Band Instrumentation Amplifier

Analog Discoveryのフロントエンドに接続すると威力?を発揮しそうな

Wide Band Instrumentation Ampを創ってみようと思いました。
Single End OutとDifferential Outの2種類を考えてみました。
Analog Discoveryは差動入力ですが
もっとCMRRを向上させてあげると何かと便利な事が判りました。
パターン設計の半田面視図です。グランドプレーンを確保しつつ
配線の入出力容量を低減させる為にICパッドのほかに
信号線のパターンを出来うる限り抜いてみました。
周波数帯域が10MHzまでのInstrumentation Ampの設計は初めてです。
先のImpedance Analyzer に関して回路図の公開依頼がありました。
もう少し僕自身が納得できたおりに100%公開したいと考えていますが
自分はこういうふうに実験したけれど、とかの相談はご遠慮なくどうぞ。
20141231_194552_2
部品面のレジストとシルク図です。
コネクタはSMAで基板の大きさは25.4mmx50.8mmです。
入力SMAはガ−ドリング駆動も出来るようにしてありますが
その時のバッファは外付けです。

20141231_194626

皆様、佳いお歳を!

« High Impedance Measurement Interface for Analog Discovery(Final) | トップページ | AD4841 Howland Current Pump »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/58435803

この記事へのトラックバック一覧です: Wide Band Instrumentation Amplifier:

« High Impedance Measurement Interface for Analog Discovery(Final) | トップページ | AD4841 Howland Current Pump »