2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 秋月さんの店舗が...... | トップページ | Low Impedance Measurement Interface for Analog Discovery(2) »

2015年8月31日 (月)

Low Impedance Measurement Interface for Analog Discovery

TridentとNazarのShunt Regulatorのノイズと過渡応答特性は以前の記事で比較を試みました。

とても気にしていながらなおざりにされていた出力インピーダンス測定を敢行。

大概のレギュレータの出力インピーダンスは1mΩから数100mΩまでと判断しました。

下図は校正と確認の為に抵抗器のデータを含んでいます。

Nazar回路はTridentより5mΩ程劣りますが

100KHzまでフラットで暴れもありませんでした。

短絡時の残留インピーダンスは10KHz以上でも600uΩ以下になっていますので

1mΩ台は信用できる値と考えます。

1mΩの4端子シャント抵抗が100KHzで右肩上がりをしているのは
1mΩシャント抵抗のインダクタンス成分の影響です。

縦軸をエクセルでdbVからVrmsにそしてΩに変換してようやくログ・ログ表示が叶いました。

グラフは散布図だと線が細すぎるので+マーカで表示しています。

20150831_191106

入力短絡時の測定風景

20150831_190421

Reference:

Linear Audio Vol.4:A comparative overview of power supply regulator designs with listening tests
Walt Jung : Regs for High Perf Audio 2 B
Agilent:Impedance Measurement Handbook 4th Edition
A PRACTICAL GUIDE TO dB CALCULATIONS

« 秋月さんの店舗が...... | トップページ | Low Impedance Measurement Interface for Analog Discovery(2) »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/61408671

この記事へのトラックバック一覧です: Low Impedance Measurement Interface for Analog Discovery:

« 秋月さんの店舗が...... | トップページ | Low Impedance Measurement Interface for Analog Discovery(2) »