2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ∆ΣADコンバータ をLinduinoで遊んでみる(測定編_基準電圧) | トップページ | Made in Tokyo »

2016年2月11日 (木)

WaveForms 2.7.5とWaveForms 2015

Analog Discovery,今迄のドライバ・ソフトはWaveForms 2.7.5。

Analog Discovery2が発売されてWaveForms 2015が配布されました。
両方の回路図を比べて読んでも電源回路以外の変更箇所は見当たりませんでした。
周波数特性もマニュアルで見る限り同一と見なせます。

Analog Discovery マニュアルより引用。

20160211_182124

Analog Discovery2 マニュアルより引用。

20160211_182132

WaveFormsの実行環境はMacのVMware_Windows7です。

僕のマックは使用しているアプリのバージョンの関係でMountain Lionのままです。
Mac OSでWaveForms 2015を走らせる方法はこの項の最後に記してあります。

--------------------------------------------------------------------------------------------

10Hz~100KHz 60db Amplifierのフィルタ特性を両ソフトで取り比べました。
Wave Generatorから1Vを出力しCH.1に接続し

アッテネターで60db減衰させた1mVを60dbアンプに入力します。

60dbアンプの出力をCH.2に接続してあります。

測定は初代のAnalog Discoveryでソフトを

WaveForms 2.8.5とWaveForms 2015に切り替えて違いを見てみるという実験です。

100khz_bpf

WaveForms 2.7.5で測定

右下の減衰特性に注目しておいて下さい。

Fr_old

WaveForms 2015で測定

10db程分解能があがっています!これは嬉しい。

横軸の寸法を揃えておけば良かった。

Fr_new

Spectrum Analyzerの比較

これは40db Wide Band Amplifierを使いました。

Wave Generatorからは1MHzを外付けのアッテネータで絞って100uVとして
Analog DiscoveryのCh.1と40db アンプに入力しています。
40dbアンプの出力はAnalog DiscoveryのCh.2に接続しています。

10mhz

WaveForms 2.7.5で測定

Ch.1:100uV入力時のスペクトラム。

100uv_fft_old

WaveForms 2015で測定
Ch.1:100uV入力時のスペクトラム。
WaveForms 2015のSpectrum Analyzerは
横軸の周波数設定がより直感的になりResolutionも設定できるようになり
より本格的な仕様になったと思いました。
何より嬉しい事はノイズ・フロア・レベルが改善されています。
Resolutionを細かく設定できるようになりより精緻に描画できる事から
線を細くしたと推測しています。

100uv_fft_new

Ch.2に接続した40db Ampのスペクトラムを比べてみます。

WaveForms 2.7.5で測定

100uv40db_amp_old

WaveForms 2015で測定

上のWaveForms 2.7.5で測定では40db Ampのノイズは区別がつきませんが

下のWaveForms 2015では40db Ampのノイズを測定できています。

上と比較する為にあえて縦軸を変更していません。

青色が40dbアンプです。

100uv40db_amp_new

40db Ampの周波数特性も取ってみました。

WaveForms 2.7.5で測定

10mhz_fr_old

WaveForms 2015で測定

入力レベルが高い時の変化はほとんどないです。

Ch.1 Orange:入力のRefernce

Ch.2 Blue:Bode Plot

10MHz近辺の若干のピークは

このアンプのステップ・レスポンスがオーバーシュートしているからです。

10mhz_fr_new

Scope等の機能は試していませんがWaveForms 2015は
ノイズ・フロアと分解能が改善されているという事を確認出来ました。
------------------------------------------------------------------------------------
どうです、WaveForms 2015にバージョン・アップしたくなりません?
無料で配布してくれるDigilent社に感謝、WaveForms 2015の開発者に多謝!

*********Mac OSでWaveForms 2015を走らせる方法****************

日本語OSのシステム環境設定から「言語とテキスト」を
英語圏に設定すると動作するとの情報が友人からありました。

EI CaptainとMarvericks(10.9.5)で確認したとの事です。

Mountain Lion(10.8.5) は元々サポート外なので動作しないそうです。

*******************************************************************

end

« ∆ΣADコンバータ をLinduinoで遊んでみる(測定編_基準電圧) | トップページ | Made in Tokyo »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/63901866

この記事へのトラックバック一覧です: WaveForms 2.7.5とWaveForms 2015:

« ∆ΣADコンバータ をLinduinoで遊んでみる(測定編_基準電圧) | トップページ | Made in Tokyo »