2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Analog DiscoveryのFFT Analyzerについて | トップページ | ADM7151 vs LT3042 (Output Impedance) by Analog Dicovery »

2016年3月 8日 (火)

ADM7151 vs LT3042(Load Transient)

3lt3042adm7151_pcb_2

Low Noise Regulatorの代表格である2種類のLoad Transient(Step Response)の比較を試みます。
ADM7151は評価基板のByp Capとして100uF/4V polymer Capを追加してあります。
LT3042はユニバーサル基板でDIYしたものです。

入出力のCapは10uF/50V X7R+OS-CON 22uF/20Vで

Ref Bypass Capは4.7uF/35V PMLCAPです。

条件はLT3042の最大出力電流に合わせて測定しました。

Input Voltage : 5V

Output Voltage : 3.3V

Load Current : 10mA-200mA

ADM7151

Adm7151

LT3042

Lt3042

LT3042はスパイク成分が1/2、200mA時の変動がほぼ0という結果でした。

あくまでも最初に記述した条件化のレスポンス結果です。

****************************************************

測定治具は以前製作したJim William氏のLinear Technology Application Note 104です。

製作した治具の不具合を発見しました。

原典にはDUTとスイッチ部分の接続は最短と記されています。

考慮したつもりでしたが理解不足でした。

下図に詳細を記します。
上記データはDUTの出力に直接SMAコネクタを直づけしてDCR,Inductance成分を極力排除して測定しました。

Load_transient_response_inductance_

« Analog DiscoveryのFFT Analyzerについて | トップページ | ADM7151 vs LT3042 (Output Impedance) by Analog Dicovery »

07.Measurments」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADM7151 vs LT3042(Load Transient):

« Analog DiscoveryのFFT Analyzerについて | トップページ | ADM7151 vs LT3042 (Output Impedance) by Analog Dicovery »