2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年6月

2016年6月 3日 (金)

 LT3042 10Hz〜1MHz  Noise Spectrum Density

Analog Discoveryで10Hzから1MHzまでのnV/√Hz を測定しました。

下図のCout=22uFの1MHzまでのデータを収集しました。

20160603_214430

使用した基板はLargeです。

2回に分けて測定しエクセルで処理しました。

測定結果はほぼ同じカーブが得られています。

20160603_214414

2016年6月 2日 (木)

Sniffer Probe DIY

小さなSniffer Probeを作ってみました。

この同軸は両端SMEで秋月さん扱いのもです。
1.絶縁体を芯線を残してカットします。
2.芯線は0.5mm程残してカットし0.18mmのポリウレタン線を芯線に半田付けします。
3.ポリウレタン線に1でカットした絶縁体差し込みます。
  芯線に半田が乗ったので差し込むと少しきつくなり佳い塩梅です。
4.10ターン巻いてシールド線に戻し半田付けして完了です。

20160602_203806

コイル部は収縮チューブで保護します。写真は取り忘れました。

20160602_195308

DC/DCスイッチング・コンバータの近くに持って行くときれいにスイッチング周波数を測定できます。

50mA:635KHz,100mA:443KHz,150mA,331KHz,200mA:262KHzでした。

20160602_195220

20160602_195249

このSniffer Probeは相対的なレベルのEMIの観測ができます。
簡単ですから作ってみて下さい。

下図はSGから1MHzを出力してBNCバナナで50Ω負荷のループを作り

バナナでできたループにSniffer Probeを入れました。

ループがあると磁界が発生するという例になると思います。

20160602_195146

続きを読む "Sniffer Probe DIY" »

2016年6月 1日 (水)

+5Vin +/-13.5Vout DC/DC Covertorの実験

絶縁型DC/DC Convertorを使用して5V入力の出力+/-13.5V 200mAの電源を作ってみました。

DC/DCはMINMAXのMCW03-05S15という5V入力で出力電圧が15V200mAを2個使いました。
使用したLT3042基板は入出力が対向している丸形を使ってみました。
出力を13.5Vにした理由はが入力が15VなのでHead Roomを1.5Vにしたためです。

20160601_174804

10Hzから1MHzまでの出力雑音電圧密度(V/√Hz)をAnalog Discoveryで測定しました。

10Hzから8.192KHzまでと8.193KHzから1MHzまで2回に分けて収集しエクセルで体裁を整えました。

つながり部分はいびつですがご海容を。

この測定方法はAnalog Devices社のアナログ電子回路コミュニティ

ある疑問を問いかけた所思わぬ方向に進展して

nV/√Hzの測定はディケード毎に測定してRBWの平方根でエクセル処理すると良いと教わりました。
推測ですが回答して頂いた方は「計測のためのアナログ回路設計」の著者だと......

*
300KHz前後に猛烈なスイッチングノイズが観測されます。

このノイズは広帯域で10MHz以上まで発生しています。

LT3024のPSRRを最大限に生かすためにはユニバーサル基板の配線は気を使いました。

入出力配線にループがあるとスイッチング過渡時のスパイクをいとも容易に拾います。

*

出力を100KHzのBPFを通した時の出力雑音電圧密度は約3nV/√Hzでした。

このノイズ特性は何か嫌ですねぇ。
既製のDC/DCは大なり小なりこのようなスペクトラムになりそうです。

*

負荷電流は100mAで測定。

20160601_174121

以前に作ったLT3439の[+5V to +/-12V Low Noise Isolated Switching Regulator]の出力にLT3042を実装したらどうなるか興味が湧いてきました。

これを製作した7年前はノイズ観測もスコープでしかできていませんでした。
試作した基板がでてきた時はスペクトラムを観測してみます。

3

下の写真は「LT3439超ローノイズDC-DCコンバータモジュール(+12V/-12V)」という製品名で
Strawberry Linuxさんから販売されているものです。
写真はHPから借用しました。
価格は3.000円で大変に良心的です。
僕がこの回路を試作したときにトランスの価格はたしか1.300円ほどでした。
Strawberry Linuxさんはこのトランスを特注されているそうです。
美しい基板レイアウトは性能に反映しますね。
数百台でも即納ということはコスパを考慮しての1000台/Lotの生産をしていると推測しています。
手作り工房のMade in Tokyoだと倍の価格になってしまう、嗚呼。
20160601_192129

続きを読む "+5Vin +/-13.5Vout DC/DC Covertorの実験" »

« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »