2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Low Noise Wide Band Amplifier(DC to 10MHz)-2 | トップページ | Analog Discovery Network Analyzer »

2016年10月16日 (日)

Analog Discovery Spectrum Analyzer (BINs vs V/√Hz)

キャプチャー画面はAnalog Discovery Ch.1入力を短絡させ
10KHz~100KHzのビン設定を変えた時のスペクトラムです。
4本のスペクトラムは同じ雑音密度になるはずです。
BINsは上から1025,2049,4097,8193です。
Bins10khz100khz_2
収集したデータをエクセルで処理したところ全て同じ電圧密度となり確認終了です。20161016_114638_2

参考まで........

20161016_114751_2

« Low Noise Wide Band Amplifier(DC to 10MHz)-2 | トップページ | Analog Discovery Network Analyzer »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/67980895

この記事へのトラックバック一覧です: Analog Discovery Spectrum Analyzer (BINs vs V/√Hz):

« Low Noise Wide Band Amplifier(DC to 10MHz)-2 | トップページ | Analog Discovery Network Analyzer »