2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Analog Discovery Network Analyzer Interface | トップページ | Simple Op Amp Measurements »

2016年10月25日 (火)

Analog Discovery DC Drift

Analog Discoveryの入力端子短絡時のオフセット電圧とドリフトを観測してみました。

十分にエージング後にキャリブレーションしました。
下図の左端はフラットな状態が続いていました。
外部からファンで通風するとCh.1とCh.2の温度分布が均一になったように見えます。

20161025_230838

ファンで上部の隙間に通風している様子です。

20161025_222426

ロガーで電圧測定する時の縦軸のデフォルトはMaximですが
マニュアル設定で5mVに設定しました。

« Analog Discovery Network Analyzer Interface | トップページ | Simple Op Amp Measurements »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/68114111

この記事へのトラックバック一覧です: Analog Discovery DC Drift:

« Analog Discovery Network Analyzer Interface | トップページ | Simple Op Amp Measurements »