2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« High Impedance Analyzer for Analog Discovery-2 | トップページ | High Impedance Analyze for Analog Discovery2-PCB販売 »

2016年12月16日 (金)

High Impedance Analyzer for Analog Discovery-3

測定抵抗は1MΩです。高い周波数で浮遊容量の影響を調べるために

High Impedance Analyzer基板の接続方法による違いを実験してみました。

A:アリゲータ・クリップで1MΩ抵抗をクリップして空中に浮かした状態です。

   浮遊容量の影響を受けている事が判ります。

B:1MΩ抵抗をクリップした下はアルミニューム板です。

    浮遊容量が少なくなっています。

C:ケースにいれてのケルビン接続。

D:ダイレクトにケルビン接続。

半田付けのめんどくささをいとわなければダイレクト接続がよい値でした。

DIY'erの評価実験としてはアリゲター・クリップでもありかなと、思います。

20161216_195702

« High Impedance Analyzer for Analog Discovery-2 | トップページ | High Impedance Analyze for Analog Discovery2-PCB販売 »

12-1.High Impedance Analyzer for Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/68869040

この記事へのトラックバック一覧です: High Impedance Analyzer for Analog Discovery-3:

« High Impedance Analyzer for Analog Discovery-2 | トップページ | High Impedance Analyze for Analog Discovery2-PCB販売 »