2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« N-MOS Inrush Current Limiter | トップページ | ファインメット・ビーズの効用 »

2017年2月 1日 (水)

ファインメット・ビーズ、コアでのノイズ除去を観測してみました。

秋葉原を散策していて
海神無線さんでファインメットのビーズとコアを扱っているのを思い出し買い求めました。

ビーズはFT-3AM B4AR(ファインメット・ビーズ)内径1.3mm

コアはMP1006LF3T(ファインメット・コア)内径4.8mm

両方とも樹脂製のケースで覆われていました。

写真は上から

1.Murata BNX016

2.ファインメット・コアに各6T巻いたコモン・モード・チョーク・トランス

3.φ1の錫メッキ銅線を通したファインメット・ビーズ

20170131_223500

セット・アップ

入力電源:AC/DC Adapter 15V・1.2A

負荷:DIY電子負荷 600mA

スコープで入出力のノイズを比較してみます。

DCプラグ&ジャックを実装したので簡単に交換できてストレス・フリーでした。

20170201_031510

スイッチング・レギュレータのリップル電圧は接続するフイルターで変化しています。

これはインピーダンスが異なる事による変化だと思われます。

3種類ともスパイク・ノイズが減衰していますが
スイッチング・レギュレータのリップル電圧をみるとフェライト・ビーズが穏やかな変化です。

これがオーディオ回路に使用したときに影響しているのでしょうか。

20170201_002126

Analog Discoveryでスペクトラムを観測してみました。

シンプルなビーズがスイッチング・レギュレータのノイズをよく抑制してくれています。

20170201_014153

使用するAC/DCアダプターや負荷電流でノイズ・スペクトラムは異なりますが
ファインメットの抑制能力は変化しないと考えます。

« N-MOS Inrush Current Limiter | トップページ | ファインメット・ビーズの効用 »

08.Switching Regulator」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/69441649

この記事へのトラックバック一覧です: ファインメット・ビーズ、コアでのノイズ除去を観測してみました。:

« N-MOS Inrush Current Limiter | トップページ | ファインメット・ビーズの効用 »