2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ファインメット・ビーズの効用 | トップページ | LTspice(Mac)に.lib & .cirを登録する方法 »

2017年2月22日 (水)

Troidal Current Transformer Test Fixture

重い腰をあげて?重い測定器を倉庫から引っ張り出し

DIYしたカーレント・トランスフォーマの周波数特性を実測してみました。
横河HP時代のGain Phase Analyzer 87510Aです。
100KHz~300MHzの仕様ですが1KHzから実測できます。

20170222_222531

このような治具を創りました。

20170222_220751

測定結果です。

20170222_220734

一概に比較はできませんが
参考までにTektronixのCT-2の周波数特性をデータ・シートからの引用です。
CT-2はバイアス電流で低域のカット・オフが移動していますが
DIYしたのはフラット部が2db程ダウンしていました。20170222_220859
磁気結合、理屈抜きでの実験は愉しいです。
実験していてトロイダル・コアに通線する場所により高周波部の応答に変化が観測されました。
迷容量の違いによるものとおもわれます。

« ファインメット・ビーズの効用 | トップページ | LTspice(Mac)に.lib & .cirを登録する方法 »

16.アナログ回路(Tips)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/69694904

この記事へのトラックバック一覧です: Troidal Current Transformer Test Fixture:

« ファインメット・ビーズの効用 | トップページ | LTspice(Mac)に.lib & .cirを登録する方法 »