2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 初めてのFusion PCB(pcbe) | トップページ | Nazar's Regulator »

2017年8月25日 (金)

0.025db step ATT

0.025dbStepでmax.6.375db ATT基板を組上げてを実測しました。

4

スイッチを全てオフの周波数特性は300MHz@-0.35dbでした。
この特性がATT基板の挿入損失になります。
*
10MHzでの損失は-0.03dbです。

1all_off

10MHzにおいて0.025db_ATT_SW_ON時の実測値は0.0257dbでした。

20025db

10MHzにおいて1db_ATT_SW_ON時の実測値は0.999dbでした。

51db

100MHz以上を改善したい時は各スイッチを銅箔でシールドしてあげると良いです。
下図は試作時のATT基板でスイッチを銅箔で囲んでいます。

7

その時の挿入損失です。
上から2枚目の特性と比較して下さい。

6

製作した基板の50Ωになるようなパターン幅とギャップは功を発しているようです。
*
今回のような減衰率のATTに興味を持つ方はあまりいないと思いますが参考までに
定数を記しておきます。

20170825_220149_2

8att_pcb_solder_side

RseriesとRshuntは0805(1%)を並列接続して計算値に近づけてあります。

20170825_220211

注意:長期的に0.1db以下は

         接点の接触抵抗でATT値に影響がでるかもしれません。

         トグル・スイッチの初期抵抗値は実測で10mΩ以下でした。

« 初めてのFusion PCB(pcbe) | トップページ | Nazar's Regulator »

06.DIY JIG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/71523532

この記事へのトラックバック一覧です: 0.025db step ATT:

« 初めてのFusion PCB(pcbe) | トップページ | Nazar's Regulator »