2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月19日 (火)

Instrumentation Amplifier(予備編)

AD830,AD8129,AD8130は差動増幅器ですが

差動増幅器に必要な4本の抵抗がActive Feed Back Toplogyの為不要です。
AD830は最初に発売され、AD8129,AD8130は後発の廉価版です。
AD8130はG=1でAD8129はG=10以上で使用できます。
AD8129単体での評価をしてみました。
評価に使用した基板です。

20170919_182249

周波数特性は
AD8129_20dbでは10MHz/-2db
AD8129_40dbでは1MHz/-2dbでした。
CMRRは
1MHzにおいて20db、40db Ampともに約-85dbと素晴らしい値です。
CMRRの測定の入力は1Vp−pです。
周波数特性は1Vp-pは固定で20db、40dbのATTを挿入して測定しました。

20170919_182302

AC結合で測定したノイズは下図の1uS/div.のピーク値が最も大きかったです。

出力のオフセット電圧はマルチメータで確認しました。

高速のOPAなのでDC特性は良くありませんが対処は可能でしょう。

GB積が200MHzのノイズはいかんともしがたいですが...............

面白い用途があると思います。

20170919_182330

つづく

2017年9月 6日 (水)

Nazar's Regulator

Nazar's RegulatorのPSRRをLTspiceしてみました。
C2の容量を大きくすると低域でのPSRRが改善される事がわかりました。
キャパシタはカタログからのESR値とおおよそのインダクタンス成分を加味しました。

20170906_015508

NazarレギュレータのPSRRは素晴らしい特性です。

C2=赤線 : 左から1000uF,100uF,10uF、

20170906_015552

シミレーションで挙動をつかめたので
時間はかかりますが実基板で再評価する機会があれば改めて報告します。

« 2017年8月 | トップページ