2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月18日 (土)

Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(2)

背景のグラフは群馬大学の「アナログお役立ち実験室」の「インピーダンスの計測」に掲載されています。

このグラフはNF社製のFRAを使用して測定しています。

これをレファレンスとして比較したいと思います。

20171118_144325

レファレンスのグラフは10Hzからですがこちらは100Hzからです。

低域でインピーダンスが高いとAnalog Discoveryの+/-5V電源では
電圧検出用増幅器が飽和しています。

外部電源で+/-12Vを供給すると破線のようになります。

オペアンプ一個で40db増幅していて帯域が不足しているせいでしょうか
10MHz近辺はなまっていますがグラフは良く再現出来ていると思います。20171118_152313

個別のコンデンサ等の特性は

群馬大学の「アナログお役立ち実験室」の「インピーダンスの計測」で充分ですが

コンデンサを組み合わせての挙動を把握したいときにこの治具は重宝しそうです。

2017年11月17日 (金)

Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(1)

Analog DiscoveryでのLow Impedance Analyzerをプリント基板化してみました。
Analog Discoveryからの+/-5V電源にリップル・フイルタを組み込みましたので
取り敢えず電源のリップル電圧をチェックします、

20171117_183649

1uS/divでの観測はノイズが一番大きい周期で

黄色はAnalog Discoveryのリップルで31.8mVp-p

緑色はリップル・フイルター通過後で1.8mVp-p

効き目は充分でした。

20171117_111155

Ripple Filterの構成は

フェライト・ビーズ(FB)+貫通コンデンサ(XC2)+タンタル(C4)&MLCC(C2)

20171117_110946

PCBには2.54mmピッチでモニタ−用パッドを設けています。

下図のようなケーブルでリップルを測定しています。

パッドを用意しておくと差し込むだけなので便利でした。

20171117_183702_2

0.1uF 50V 0805 X7R MLCCを測定してみました。

トップ写真のくさび・パターン先端に半田付けしてあります。

0.1uFのSRFを測定できていると思います。

20171117_184251

まだ続きます..............後日。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »