2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« TPA6120A HPA for HD800(回路図編) | トップページ | Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(2) »

2017年11月17日 (金)

Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(1)

Analog DiscoveryでのLow Impedance Analyzerをプリント基板化してみました。
Analog Discoveryからの+/-5V電源にリップル・フイルタを組み込みましたので
取り敢えず電源のリップル電圧をチェックします、

20171117_183649

1uS/divでの観測はノイズが一番大きい周期で

黄色はAnalog Discoveryのリップルで31.8mVp-p

緑色はリップル・フイルター通過後で1.8mVp-p

効き目は充分でした。

20171117_111155

Ripple Filterの構成は

フェライト・ビーズ(FB)+貫通コンデンサ(XC2)+タンタル(C4)&MLCC(C2)

20171117_110946

PCBには2.54mmピッチでモニタ−用パッドを設けています。

下図のようなケーブルでリップルを測定しています。

パッドを用意しておくと差し込むだけなので便利でした。

20171117_183702_2

0.1uF 50V 0805 X7R MLCCを測定してみました。

トップ写真のくさび・パターン先端に半田付けしてあります。

0.1uFのSRFを測定できていると思います。

20171117_184251

まだ続きます..............後日。

« TPA6120A HPA for HD800(回路図編) | トップページ | Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(2) »

12-2.Low Impedance Analyzer for Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(1):

« TPA6120A HPA for HD800(回路図編) | トップページ | Low Impedance Analyzer(PCB) for Analog Discovery(2) »