« Differential-Output DAC(PCM5242) | トップページ | SilentSwitcher(2) »

2018年1月11日 (木)

SilentSwitcher(1)

写真はLinear Audio誌編集長・Jan Didden氏設計のSilent Switcherです。

5V入力で
出力はアナログ用+/-15V(150mA)と
デジタル用+3.3V,+5V,+6V(切り替え式)です。

アナログ電源にはTPS7A47(+),TPS7A33(-)が使われています。

5V入力というのはバッテリー・パックの使用も考えての事だそうです。

P1040916_cropped

5V入力というコンセプトを真似して

+/−15V出力のDC/DCコンバータ基板を作ってみました。

スイッチング方式はAnalog Discoveryで採用されているSEPIC-CUKトポロジーです。

この基板はプリ・レギュレータとしての位置づけで

後段には別基板でアナログ電源回路を接続します。

5V入力コネクタはUSBコネクターとか目的において4種類を実装できるようにしてあります。

---------

USBコネクタの場合はレジストを抜いた基板の角に10mm角ブロックを実装すると

パネルに強固にマウントできます。

20180111_105141

つづく

« Differential-Output DAC(PCM5242) | トップページ | SilentSwitcher(2) »

08.Switching Regulator」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/72667118

この記事へのトラックバック一覧です: SilentSwitcher(1):

« Differential-Output DAC(PCM5242) | トップページ | SilentSwitcher(2) »