« SilentSwitcher(2) | トップページ | SilentSwitcher(4) »

2018年1月16日 (火)

SilentSwitcher(3)

先に製作した5V入力、+/-15V出力SEPIC-CUK DC/DCコンバータ(右基板)を
シャント・レギュレータ(放熱器付き基板)に接続して
シャント・レギュレータの出力ノイズを観測してみました。
シャント・レギュレータは+/-12V_+/-90mAに設定しています。
SEPIC-CUK方式を採用した理由はAnalog Discoveryに採用されていてそのノイズ対策は
実施済だったからです。
シャント・レギュレータの入力にその対策を施してあります。
スコープでの観測は50Ω系で測定しましたので読みは表示の2倍になります。

20180116_182622

表示は3.5mVp−pですが7mVp-pになります。
ノイズ波形は素直なDC/DCのクロック・ノイズのみです。

Scope_9

上図はスコープの帯域が100MHzです。
20MHzの帯域制限をかけると観測されるのはノイズ・レベルで
クロック・ノイズは皆無になりました。

Scope_10

その時のRMS Noiseです。
Full Scale 100uV Rangeなので
New Nazar's Shunt Regulator(12V_90mA)の出力ノイズは
6uVrmsという結果になりました。

20180116_185500

つづく

« SilentSwitcher(2) | トップページ | SilentSwitcher(4) »

08.Switching Regulator」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/72705276

この記事へのトラックバック一覧です: SilentSwitcher(3):

« SilentSwitcher(2) | トップページ | SilentSwitcher(4) »