« Nazar Shunt Regulator+DC/DC(MCW03-05D15)_3 | トップページ | Analog Discovery_Impedance Analyzer(2)Open Compensation »

2018年2月19日 (月)

Analog Discovery_Impedance Analyzer(1)Short Compensation

WaveFormsが3.7.5にバージョン・アップされていました。

20180219_181340

嬉しい事に Impedance Analyzerがサポートされていました!

Impedance Analyzerが抵抗1本で実現できます。

20180219_162626

オープン・ショート補正が出来ます。

1MΩ,100KΩ,10KΩ,1KΩ,100Ω,10Ωのオープン補正値。

20180219_181948

1MΩ,100KΩ,10KΩ,1KΩ,100Ω,10Ωのショート補正値。

20180219_182010

Short Compensationの効果を確認します。

回路構成はResistor FirstとしてLoad部を鰐口クリップにしました。

20180219_182847

Short Compensationは

プリント基板のパタ−ン部と鰐口クリップまでの配線インピーダンスを測定する事になります。

20180219_185014

抵抗はディップ・スイッチ(青色)で切り替えられるようにしてあります。

上の写真では抵抗が隠れていますが1KΩを選択しています。

Compensationタブをクリックすると下記のメニューが出てきますので

ディップ・スイッチの設定抵抗と同じ値(1KΩ)のShortをクリックすると補正が開始され

短絡した配線経路のインピーダンス曲線が得られます。

20180219_194247

短絡補正値はたいていの場合リード・インダクタンスの影響で右肩上がりになります。

短絡した鰐口クリップはそのままの状態でSingle(またはRun)で測定状態にします。

右肩上がりが補正できています(黄色)

美しい!!!

20180219_191423

Digilent社の説明書です。

Using the Impedance Analyzer

続きます............

« Nazar Shunt Regulator+DC/DC(MCW03-05D15)_3 | トップページ | Analog Discovery_Impedance Analyzer(2)Open Compensation »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/72956632

この記事へのトラックバック一覧です: Analog Discovery_Impedance Analyzer(1)Short Compensation:

« Nazar Shunt Regulator+DC/DC(MCW03-05D15)_3 | トップページ | Analog Discovery_Impedance Analyzer(2)Open Compensation »