« We Love Balanced Sound(Deboo Balanced Integrator) | トップページ | Nazar vs Salas_Output Impedance »

2018年2月 4日 (日)

Composite Amplifier(LTspice)

HA800はComposite Amp(複合増幅器)形式です。

Composite Ampは直流特性と高速特性のいいとこ取りをするという優れものです。

通常、U1には直流特性の良いOPAをU2には広帯域のOPAを選択します。

必然的にU2のスルーレートはU1より大きくなりますしその必要性があります。

コンポジット・アンプ全体の利得はR3とR4で決定できます。

U1自体の利得は独立しての設定は出来ません。

残るU2の利得はどのようにして決めれば良いのでしょうか。

HA800でのTPA6120のスパイスモデルは入手出来なかったので

LTspiceにあるOPAで回路を組んで挙動を観測してみました。

20180204_203553

全体の帰還抵抗はR4=1KΩで入力抵抗のR3を

250Ω(G=6)赤,500Ω(G=3)青,1KΩ(G=2)黒と変化させた応答です。

U2の利得はR1=250ΩでG=5です。

G=6ではなくG=3でピーキングが大きくなっています。

20180204_203529

U2の利得をR1=500ΩとしてG=3です。

20180204_205634

U2の利得を変化させてR1=1KΩとしてG=2です。

20180204_210104

U2のゲインを下げるとピーキングは押さえらる方向に働くようで

所望する帯域とピーキングの兼ね合いは

U2のゲインを実機でステップ応答を観測しながらトリミングする事になると思います。

Slew Rate U1< U2の条件で

コンポジット・ゲイン=U2・ゲインから観測すると良いと思います。

おわり

« We Love Balanced Sound(Deboo Balanced Integrator) | トップページ | Nazar vs Salas_Output Impedance »

04.Head Phone Amplifier」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/72847299

この記事へのトラックバック一覧です: Composite Amplifier(LTspice):

« We Love Balanced Sound(Deboo Balanced Integrator) | トップページ | Nazar vs Salas_Output Impedance »