« アンチエリアシング用 7次 LPF | トップページ | アンチエイリアシング用 7次 LPF(3) »

2018年2月28日 (水)

アンチエリアシング用 7次 LPF(2)

LPFのカット・オフ周波数とキャパシタから抵抗値を求め

正規化テーブルからBruton変換する表計算をエクセルでつくりました。

20180228_134936

Bruton変換した抵抗値をLTspiceに入力します。
上からChebyshev,Butterworth,Besselの値を入れました。
150Hz、1.5KHz、15KHz、150KHzはキャパシタ値をかえてLTspiceします。
0.22uF,0.022uF,2200pF,220pF

20180228_135027

左から150Hz、1.5KHz、15KHz、150KHzで
縦軸を150Hzに合わしてあります。
150KHzはOPAのGB積が足りないように見えます。

20180228_133731

OPAをLT1057(GBW=5MHz typ.)からLT1122(GBW=13MHz typ.)に変更してみると
Butterworthは7th(-140db/dec)を確保できたようです。

20180228_143327


« アンチエリアシング用 7次 LPF | トップページ | アンチエイリアシング用 7次 LPF(3) »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/73014922

この記事へのトラックバック一覧です: アンチエリアシング用 7次 LPF(2):

« アンチエリアシング用 7次 LPF | トップページ | アンチエイリアシング用 7次 LPF(3) »