« アンチエリアシング用 7次 LPF(5)パターン設計 | トップページ | AD797 60db Amplifier_1 »

2018年3月 9日 (金)

Analog Discovery_Impedance Analyzer(9)DE-5000

随分と前のできごとですがLCRメータDE-5000は内部をいじって壊してしまいました。
今回はそのケースを有効活用する事にしました。
内部には都合の良い事に1MΩ,100KΩ,10KΩ,1KΩ,100Ωの精密なチップ抵抗が実装されていました。
10Ωのみ追加しました。

20180309_193816

この状態でOPEN-SHORT補正を行いました。

ケーシングしているので補正結果は安定していて再現性があります。

20180309_193728

外側が補正後のOPEN-SHORTです。

20180309_212343

ケルビン・クリップも試してみました。

この状態でOPEN-SHORT補正してみました。

20180309_193745

外側が補正後のOPEN-SHORTです。

縦軸は注意して読んで下さい。

20180309_212400

OPEN-SHORT補正も限界はありますので配線はなるべく短い方が良い結果となりました。
OPEN-SHORT補正曲線の内側が測定可能範囲になります。
上記2点の測定結果の条件はRESISTOR FIRSTモードで基準抵抗は1KΩです。

« アンチエリアシング用 7次 LPF(5)パターン設計 | トップページ | AD797 60db Amplifier_1 »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/73074938

この記事へのトラックバック一覧です: Analog Discovery_Impedance Analyzer(9)DE-5000:

« アンチエリアシング用 7次 LPF(5)パターン設計 | トップページ | AD797 60db Amplifier_1 »