« アンチエイリアシング用 7次 LPF(3) | トップページ | アンチエリアシング用 7次 LPF(5)パターン設計 »

2018年3月 3日 (土)

アンチエリアシング用 7次 LPF(4)

前々回の説明と重複する箇所があります。
バターワースで150Hz,1.5KHz,15KHz,150KHzのFDNR 7th LPFをLTspiceします。
***

アンチエリアシング用 FDNR 7次 バタワース LPFの抵抗値を正規化テーブルから求めます。

正規化テーブルは「計測のためのフィルタ回路設計」遠坂 俊昭著著p.127からの引用です。
BRUTON変換した抵抗値はE96(1%)を並列接続して計算値に合わせ込みました。
赤色が計算値と実装値になります。

20180303_104936

実装する抵抗値でLTspiceしてみます。

20180303_105026

キャパシタの誤差を含まないLTspice結果です。
150KHzはGBWの異なるOPA2種で試しています。
GBW=150KHz : LT1057 < 150KHz_2 : LT1122
カット・オフ周波数:150Hz,1.5KHz,15KHz,150KHz
抵抗値は同じ条件でキャパシタをデカード毎に変更しています。
キャパシタ値は上図に記してあります。

20180303_105057

« アンチエイリアシング用 7次 LPF(3) | トップページ | アンチエリアシング用 7次 LPF(5)パターン設計 »

03.Analog Discovery」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/73033682

この記事へのトラックバック一覧です: アンチエリアシング用 7次 LPF(4):

« アンチエイリアシング用 7次 LPF(3) | トップページ | アンチエリアシング用 7次 LPF(5)パターン設計 »