« AD797 60db Amplifier-5 (頒布資料) | トップページ | AD797 4並列 プリアンプ »

2018年4月17日 (火)

DC Blocking Filter for AD797 60db Amp

AD797 60db Amplifierで

例えば電源のノイズを測定したいときにはDC Blocking Filterが必要になります。

AD797 60db Ampの入力抵抗は100KΩが接続されています。
この状態で単純にCカップルしただけでは100KΩ の熱雑音がおおいに影響します。
電源のインピーダンスは1Ω以下と思われますので1000倍の1KΩを入力抵抗としました。
とはいっても基板の抵抗はそのままでシミレーションの回路をケースに入れて組みます。
基板の100KΩとDC Block回路の1KΩが並列接続されることになります。
そして測定時には電源の低インピーダンスでシャントされることになります。
シミレーション回路でのBlock Capacitorは10u,100u,300uです。
1Hzは確保したいと思いますのでその時は300uF以上が必要ということがわかります。
*
実際はR1にスイッチを並列接続します。
測定前まではスイッチでAD797の入力を短絡しておきます。
入力を被測定電源等に接続してから充分にC1が充電されるまでおおよそ10秒以上待ちます。
そのごおもむろにスイッチを解放にして測定開始です。
Block Capacitorはリーク電流の少ないフイルム系が最適ですが
10uFを30個揃えるとかなり高価になります。
当方はストックの湿式のタンタルコンデンサ47uFを7個並列接続して
極性切替スイッチで逆極性接続に注意して使っています。
AD797 60db Ampは性能優先で入力に保護回路はないので注意が必要です。
上の約束事を守ればAD797を壊す事は無いと思いますがあくまでも自己責任で.......
電解コンデンサは漏洩電流が大きいので使用しないほうが良いと思います。
カーブは左から300u,100u,10uです。

20180415_164721

1KΩの雑音電圧密度は4.07nV√Hzです。

カップリング・キャパシタの容量でのHPF出力雑音のシミレーション。

300uFと1KΩはよい組み合わせだと思います。

20180415_194036_2

参考回路

ポリスイッチは使用していません。

20180417_085137

ハーメチック・タンタルコンデンサ  47uFx7=329uF

フイルム・キャパシタ 1uF  合計330uF

20160416_001308

一台作っておくと便利に使えると思います。

20160419_120205

このようにして使用しています。

20180417_091808

おわり

« AD797 60db Amplifier-5 (頒布資料) | トップページ | AD797 4並列 プリアンプ »

16.アナログ回路(Tips)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1022763/73306404

この記事へのトラックバック一覧です: DC Blocking Filter for AD797 60db Amp:

« AD797 60db Amplifier-5 (頒布資料) | トップページ | AD797 4並列 プリアンプ »