2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年1月 4日 (木)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
いつもはこの境内から通っているのですが...........
今朝は大回りしての出勤でした。

20180104_214427

昨年のX'masにはハワイに嫁いだ末娘のご両親が来訪。
X'masに 家族全員集合しましたのでこのお正月はいたって静かに過ごせました。

20180104_214745

誰にも邪魔をされないひと時がいい。

20180104_214606

2017年12月21日 (木)

日々是好日

先月末は旭川出張でした。

当日の東京は小春日和で旭川との温度差は20℃近くありました。

20171221_185205

TO-220パッケージには60個の近赤外線LEDが実装されています。

20171221_185739

3年ぶりの交換作業です。

20171221_185801

旭川科学館にて

20171221_185648

先週の「お茶の水は聖橋」の銀杏並木に映えた和服のお姉さん。

20171221_184134

そして

今夕は昔のヨット仲間が一升瓶持参でやってきた。

同じくJazz好きな友人です。

20171221_184334

赤色基板の軍艦島バージョン(Green)

シャント・レギュレータに本格的な?放熱器を追加して

TPA6120へ15V_100mAを余裕で供給できる予定です。

まだ火入れはしていません。

20171221_184225

「李白」は湯飲み茶碗のなかで琥珀色、呑み干す毎に美味しさが増してきています。

2017年12月 9日 (土)

禁煙外来 修了

禁煙外来へ通院して三ヶ月、本日にて無事に終了です。

まさか修了証をもらえるとは思ってもいませんでした。
はじめの一ヶ月は吸いたくなった時の時間稼ぎ?に
チューインガムやらノー・シュガー・キャンディ、あたりめのお世話になっていました。
二ヶ月目からは間食も少なくなり、
三ヶ月目は朝晩1錠服用のチャンピックスは朝のみでも問題ありませんでした。
ということで残っているチャンピックスは吸いたくなった時の保険として取っておきます。
一日20本から60本吸っていたチェーン・スモーカーを卒業しました!
.........残す課題?は.....3キロ程増えた体重の減量.......

20171209_132526

2017年8月24日 (木)

初めてのFusion PCB(pcbe)

Fusion PCBに注文してから20日間を要して届きました。20170823_231328_3

1.27ピッチと0.6ピッチを変換基板を使用してベタ・アース基板で試作していたのですが

同じものを4ch組上げるのは根気がいります。

急ぐアイテムではないので初めてFusion PCBを試してみました。

100mmx100mmで2種類を依頼しました。

赤基板は異種面付けという事でで+10$の費用が発生しました。

基板はpcbeで取り敢えず製作出来る事を確認できました。

20170823_231259

+10$を要求された基板です。

外形線処理で中グリのルーター加工が施されています。

これを試してみたかった。+10$はお勉強代です。

20170823_233257

問題が....

どうしたらこうなるの!

20170823_234636

pcbeのデータ。

ストリップ・ラインの直角を避けたかったので角ラインで45°に.....

20170823_234811

MCN Gerber Viewerで確認してみました。

注文するときはここまでは確認していませんでした。

グランドとのブリッジはありませんが描画は不自然です。

pcbeで角ラインでの角度処理は使用しない方が無難なようですが
異なるGerber Viewerで試してみる必要もありそうです。

p-ban.comだとこういうのは指摘してくれるかもしれません。

one wayの基板製造メーカに対しては授業料が必要だと感じましたが

pcbeでの製造が確認できたので惜しくない授業料です!20170823_235216

閑話休題(それはさておきと読むらしい)

0.025dbstep_πATT基板

段間をビア処理してみました。

実装して評価するのが愉しみです。

20170824_002930_2

ATTを組上げましたらレポートします......

2016年5月30日 (月)

Audio Precision オーディオアナライザ SYS-2722 192k 一式 

Audio Precision オーディオアナライザ SYS-2722 192k 一式
SYS-2722は今日の今日で即決で購入して頂き、車に積んで持って帰られました。

良い嫁ぎ先が見つかり嬉しいやら少し寂しいやらの心境です。

有り難うございました!        2016.7.12

現用完動品ですがで元箱はありません。

付属品は全て揃っております。

プログラマブル・シリアル・インターフェース・アダプタ:PSIA-2722本体
オーディオ・アナライザ:SYS−2722A/CCR-WIN/AES17/AWT本体
マニュアル、ケーブル等一式です。

1front_psia2722_cable

マニュアル及び純正ケーブル一式が揃っています。

4manual_cable

天板に擦り傷があります。

8

20160530_203139

付属のインターフェースはレガシーです。USBインターフェースはコーンズから購入可能です(6万円弱だと記憶しています)

試してはいないのですが

USBインターフェースを使用するとマックの仮想Winで動作させる事も可能と思われます。
5pcmcia_card_pci_card

即使用できるように上記明細には含まれていませんが

PCMCIAインターフェース搭載のDynabook(Win7pro)も付属させます。

9
搭載されているFilterの詳細がRear Panelに記されています。

20160530_203215

弊社(千代田区外神田)で動作確認をして納得の上購入して頂ける方を優先いたしますが全国発送も可能です。
校正期限は一年程過ぎておりますが勿論、完動品です。
価格や疑問点等はプロフィールのメールからお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

7

Audio Precision SYS-2722は現行品でリース料は....

20160530_212714

ご興味のある方は宜しくお願いいたします。
アナログ回路のおもちゃ箱の主
有限会社 日本フィールドサービス  羽澤 正

2014年4月25日 (金)

OPアンプ大全(Analog Device)

CQ出版社から発売されているOPアンプ大全の全5巻を無料でダウンロードできます。

20140425_213811

ダウンロードはANALOG DEVICESのHPから

キーワード/製品検索欄に[OPアンプ大全]と入力します。

20140425_204727

以下の画面から希望するアイテムをダウンロードできます。

ユーザー登録が必要です。

一気にはダウンロードできませんのでコーヒーでも飲みながら愉しんで下さい。

20140425_204759

僕は全部ダウンロードして目次を整理しました。

アクロバットで目次をクリックするとジャンプ出来るようにしたい。

20140425_213738

この資料はiPad Miniに入れて何度も読み返そうと思う。

第三巻と第四巻は購入済みで他巻は必要に応じて購入しようと考えていました。

しばらくはこのPDF資料で間に合いそうです。

ちなみに合計容量は33MByteでした。

アナログデバイス社のご好意に多謝です!

2014年4月12日 (土)

3D Printer

友人が3D Printerで作ったサンプルを持ってきてくれました。

いいですねぇ!
USBメモリーのホルダーは重宝しそうです。
200ミクロン精度で製作したそうですが全く問題のない仕上がりだと思いました。

20140412_162721

2014年4月 5日 (土)

SYS-2722Aの制御ソフトをデモ・モードで遊んでみた。

Audio Precision SYS-2722Aのコントロールソフトはユーザーでなくても簡単な登録をするとダウンロードできます。

SYS−2722Aが接続されていないとデモ・モードで動作させる事ができます。
使い勝手の雰囲気を味わってみました。
iMac27"(VMware)だと画面が広いので沢山の設定画面を表示できますが
実際は必要な設定画面だけなのでこんなに表示させる必要はないはずです。
DACへI2S信号を送れる設定画面がいいですねぇ!
この機能を使う為にはSYS-2722Aの他にPSIA-2722が必要になります。

20140405_141043

さらにこのような測定項目があり

これを使うには今の自分のスキルでは無理という事が判りました!

20140405_153637

2014年4月 2日 (水)

こんなテストベンチが欲しい!

仕事は3月末で峠を越え、ようやく普通の生活に戻る事できました。

連続した緊張感から解放されボーっとしながら夢想のテストベンチを書いてみました。
世界最高峰のオーディオアナライザー:Audio Precision  SYS-2722A。
A/D,D/A Convertorをチップレベルで測定できるPSIA-2722。
この2機種で5.000.000円位はする!
AP社の製品は代理店が東陽テクニカからコーンズに変わっていた。
Agilent DSOX2012は価格がこなれてオプション無しだと142.500円(RS)
Agilent 34461Aは111.658円(RS)
Agilent 3631Aは143.300円(RS)
上記3機種はPCやiPadで操作や表示が可能で面白そう。
iTunes Storeで無料のBenchVueとDMM UtilityをiPadに入れて本体が無いのに遊んでいます。
Agilentの電子計測事業はKeysight Tecnologiesとして事業展開をスタートするそうだ。
欲しいものリストに入れられない高額な測定器ばかりで
嗚呼!と出るはため息のみながらホントあったらいいなぁ!
と、仕事の後遺症で高揚している気分が抜け切ら無いので遊んでみたが
返って気分が高揚してきた。

20140402_215139

2013年11月13日 (水)

Linear Audio Vol.6

TPS7A4700の基板と交換したLinear Audio Vol.6がSLOVENIJAから届きました。

何度もメールのやり取りをして友達になりました。
ありがとう!Jakob.
今回のLAの付録はLSK170B & LSJ74B!
流し読みしていて
Low Noise super shunt regulatorsの回路に興味がわきました。
自分なりに創ってみたくなりました。当分は無理な状態ですが..........

20131113_202825