2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2016年5月30日 (月)

Audio Precision オーディオアナライザ SYS-2722 192k 一式 

Audio Precision オーディオアナライザ SYS-2722 192k 一式
SYS-2722は今日の今日で即決で購入して頂き、車に積んで持って帰られました。

良い嫁ぎ先が見つかり嬉しいやら少し寂しいやらの心境です。

有り難うございました!        2016.7.12

現用完動品ですがで元箱はありません。

付属品は全て揃っております。

プログラマブル・シリアル・インターフェース・アダプタ:PSIA-2722本体
オーディオ・アナライザ:SYS−2722A/CCR-WIN/AES17/AWT本体
マニュアル、ケーブル等一式です。

1front_psia2722_cable

マニュアル及び純正ケーブル一式が揃っています。

4manual_cable

天板に擦り傷があります。

8

20160530_203139

付属のインターフェースはレガシーです。USBインターフェースはコーンズから購入可能です(6万円弱だと記憶しています)

試してはいないのですが

USBインターフェースを使用するとマックの仮想Winで動作させる事も可能と思われます。
5pcmcia_card_pci_card

即使用できるように上記明細には含まれていませんが

PCMCIAインターフェース搭載のDynabook(Win7pro)も付属させます。

9
搭載されているFilterの詳細がRear Panelに記されています。

20160530_203215

弊社(千代田区外神田)で動作確認をして納得の上購入して頂ける方を優先いたしますが全国発送も可能です。
校正期限は一年程過ぎておりますが勿論、完動品です。
価格や疑問点等はプロフィールのメールからお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

7

Audio Precision SYS-2722は現行品でリース料は....

20160530_212714

ご興味のある方は宜しくお願いいたします。
アナログ回路のおもちゃ箱の主
有限会社 日本フィールドサービス  羽澤 正

2014年4月25日 (金)

OPアンプ大全(Analog Device)

CQ出版社から発売されているOPアンプ大全の全5巻を無料でダウンロードできます。

20140425_213811

ダウンロードはANALOG DEVICESのHPから

キーワード/製品検索欄に[OPアンプ大全]と入力します。

20140425_204727

以下の画面から希望するアイテムをダウンロードできます。

ユーザー登録が必要です。

一気にはダウンロードできませんのでコーヒーでも飲みながら愉しんで下さい。

20140425_204759

僕は全部ダウンロードして目次を整理しました。

アクロバットで目次をクリックするとジャンプ出来るようにしたい。

20140425_213738

この資料はiPad Miniに入れて何度も読み返そうと思う。

第三巻と第四巻は購入済みで他巻は必要に応じて購入しようと考えていました。

しばらくはこのPDF資料で間に合いそうです。

ちなみに合計容量は33MByteでした。

アナログデバイス社のご好意に多謝です!

2014年4月12日 (土)

3D Printer

友人が3D Printerで作ったサンプルを持ってきてくれました。

いいですねぇ!
USBメモリーのホルダーは重宝しそうです。
200ミクロン精度で製作したそうですが全く問題のない仕上がりだと思いました。

20140412_162721

2014年4月 5日 (土)

SYS-2722Aの制御ソフトをデモ・モードで遊んでみた。

Audio Precision SYS-2722Aのコントロールソフトはユーザーでなくても簡単な登録をするとダウンロードできます。

SYS−2722Aが接続されていないとデモ・モードで動作させる事ができます。
使い勝手の雰囲気を味わってみました。
iMac27"(VMware)だと画面が広いので沢山の設定画面を表示できますが
実際は必要な設定画面だけなのでこんなに表示させる必要はないはずです。
DACへI2S信号を送れる設定画面がいいですねぇ!
この機能を使う為にはSYS-2722Aの他にPSIA-2722が必要になります。

20140405_141043

さらにこのような測定項目があり

これを使うには今の自分のスキルでは無理という事が判りました!

20140405_153637

2014年4月 2日 (水)

こんなテストベンチが欲しい!

仕事は3月末で峠を越え、ようやく普通の生活に戻る事できました。

連続した緊張感から解放されボーっとしながら夢想のテストベンチを書いてみました。
世界最高峰のオーディオアナライザー:Audio Precision  SYS-2722A。
A/D,D/A Convertorをチップレベルで測定できるPSIA-2722。
この2機種で5.000.000円位はする!
AP社の製品は代理店が東陽テクニカからコーンズに変わっていた。
Agilent DSOX2012は価格がこなれてオプション無しだと142.500円(RS)
Agilent 34461Aは111.658円(RS)
Agilent 3631Aは143.300円(RS)
上記3機種はPCやiPadで操作や表示が可能で面白そう。
iTunes Storeで無料のBenchVueとDMM UtilityをiPadに入れて本体が無いのに遊んでいます。
Agilentの電子計測事業はKeysight Tecnologiesとして事業展開をスタートするそうだ。
欲しいものリストに入れられない高額な測定器ばかりで
嗚呼!と出るはため息のみながらホントあったらいいなぁ!
と、仕事の後遺症で高揚している気分が抜け切ら無いので遊んでみたが
返って気分が高揚してきた。

20140402_215139

2013年11月13日 (水)

Linear Audio Vol.6

TPS7A4700の基板と交換したLinear Audio Vol.6がSLOVENIJAから届きました。

何度もメールのやり取りをして友達になりました。
ありがとう!Jakob.
今回のLAの付録はLSK170B & LSJ74B!
流し読みしていて
Low Noise super shunt regulatorsの回路に興味がわきました。
自分なりに創ってみたくなりました。当分は無理な状態ですが..........

20131113_202825

2013年11月 9日 (土)

MacBookPro Retina15"購入しました。

MacBookPro Retina15" 2.4GHz Corei7 8G/256SSD
新品未開封の中古品で1年前のモデル、USキーボードがあった!
クアッドコアのSSDは無茶苦茶速い。
解像度は
iMacは27" で2560x1440
MacBookPro Retinaは15"で2880x1800
画面のシャープさが老いた眼には非常に嬉しい。

Parallelsを試してみました。
Macとの親和性がとても佳いです。
この一ヶ月ほど更新していませんが嬉しい事にアクセス数は増えています。
異常なほどに本業が忙しくなりブログをかけなくなりました。
更新は来年の3月以降になる予定です。
MacBookProの購入は自宅でも仕事をするためでした。
めっぽう寒くなりました、皆様におかれましても風邪など召されませんようにご自愛ください。

20131109_151001


2012年12月 4日 (火)

パジェロ J-Top 幌窓の整備?

ガレージの肥やしになっていたJ-Topを5年ぶりに車検を通したが幌窓の曇りで後方が確認できない!

この曇り具合はかなり手強く削り落とすしか無いと判断。
ことの顛末は写真を見て頂くとして5年分の自動車税の事に関しての情報を。
車検を通すにあたって至極簡単なのは5年分の自動車税約25万円を一括即納すると全く持って問題ない。
僕が取った手段は?一時抹消手続きをして再度中古車登録をする事。
ディーラーは嫌がっていたので別な業者を捜そうとしていたら
別の営業マンから電話がかかってきた。
アンレギュラーながらできるという回答だった。
上述の手続き費用と車検整備費用を合わせて25万円で請負ってくれた。
この個体は捨てがたく
久しぶりに運転するJ-Topは実に気持ちが良い!
20121203_232205

2011年10月 7日 (金)

合掌

僕のコンピュータとの出会いはApple IIでした。
その頃の忘れられないゲームにクライシスマウンティンというのがあり
ジョイスティックで夜を徹して遊んでいたことを想い出しています。
バーベィタムのフロッピーデスクが1枚、1000円の時代でした。
そのご、512Kは購入できませんでしたがPlusにHDを背負った奴は今でも持っています。
Hyper Cardが懐かしい。

ApppleのWISWIGとAdobeのポストスクリプトとが融合したDTP時代に
サービスビューロという新しいジャンルもできました。

Macでの高精度製版フィルム出力サービスビューロが写植屋さんの
仕事を無くしたように
オンデマンド印刷とデジタル入稿がサービスビューロの仕事を無くしました。

モリサワの書体が低解像度版でもウン万円していました。
現在Macにバンドルされている和文書体は
その書体を購入したらMacが無料でついてきた、と考えてもおかしくありません。

アップル=ジョブスの方程式が無くなったいま
開発陣営の方達がジョブスのDNAをどのように引き継いでいくのかを見守って行きたいとおもいます。

ジョブス、あなたの言葉を忘れません。
Stay Hungry,Stay Foolish.

合掌

Dsc03011


2011年3月23日 (水)

LINN Radio

最近のBGMはLINN Radio
高音質で疲れません!

有料の音源はマスターレコーディング・レベルの音質で配信されていて
ぼちぼちCDからDSへ移行する準備をしたい。
それに伴い?HPAも据え置き型に移行しようかな。