2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

09.DAC,I/V Convertor

2016年12月 1日 (木)

Balanced in-out Current Conveyor

唯我独尊、五里霧中の結果で備忘録としてアップしました。
先輩諸氏のアドバイスを頂ければ幸いです。

目的はDAC PCM1794を想定しています。

20161201_185753

*

20161201_185008

*

20161201_190117

*

20161201_184446_2

2016年11月28日 (月)

Discreet Current Conveyorのシミュレーション

20161128_202139

20161128_204619

20161128_203638

20161128_202036

Reference:

Current conveyor  US 4983930 A

AD844/PA630 knockoff

続きを読む "Discreet Current Conveyorのシミュレーション" »

2015年5月20日 (水)

Impulse Responce

Computer Audiophileからの引用です。#98

20150520_001229

20150519_235726

2015年5月12日 (火)

PCM5242RHBEVM+Raspberry Pi with IL715

PCM5000番台のバランス出力DAC,PCM5242をラズパイに接続して聞いている。

表は台風の雨音で段々騒々しくなってきたが、その分気兼ねせずにボリュームをあげられる。

20150512_224416

PCM5242RHBEVMのInterpolation Filterの実測グラフ。

Normal Interpolation Filter20150512_230848

Low Latency Interpolation Filter

20150512_231104

Asymmetric FIR Interpolation Filter

20150512_231159

High-Attenuation Interpolation Filter

20150512_231257

続きを読む "PCM5242RHBEVM+Raspberry Pi with IL715" »

2015年3月19日 (木)

Paspberry Pi 2 でハイレゾ音源再生(PCM5122)

Raspberry Piはアナログでレジェンドな老翁には無理と思っていました。

しかしI2S信号が取り出せるという事でこれはなんとかしたい。
という事で試してみました。
VolumioはLinuxのコマンドとは無縁のインストールでVolumio.orgに多謝!
*
DACは以前に作ったPCM5122に40pinのコネクタをつけて実装しました。
電源は先を急いでいたので?ラズパイの5Vから供給しています。
USBメモリにBerryつながりではないけれどWaltz for Debby(24/192KHz)を入れて再生中。
観客の立たず前等が今迄以上にリアルに聞こえビレッジ・バンガードにいる雰囲気です。
高音域の粒子はまるで天文台の山で観る満天の空のようです。
Raspberry PiのI2S信号、これからもっと愉しめそうです。
再々にVolumio.orgに多謝
20150319_153504

2014年7月19日 (土)

ElectrArt USBDAC ケーシング(1)

ElectrArt USBDAC基板を入れる筐体に穴あけ加工しました。
20140719_210815
筐体は電源と同じタカチのタカチのHIT 17-6-18Sです。
2階建てにしてPCM1794AをI2S受けで左右独立のバランス出力にする予定です。
USBDACのPCM1792Aを左右独立で使えると理想的なのですが..........

20140719_210854

つづく

EllectrArt USBDAC 電源装置の配線完了

ElectrArt USBDACの為の電源配線が完了しました。
ElectrArt USBDACだけなら+/-15Vは1系統で良いのですが先の目論みの為に
2系統の+/-15Vにしてあります。
全ての電源に600mAの負荷を与えてオシロで出力を観測しましたが
異常発振等の問題は有りませんでした。
この電源はプリ・レギュレーターとして使う為に全ての出力は可変可能な
LM317とLM337を使用しています。
ユニバーサル基板は10mm角ブロックで固定しています。
放熱器のフィンの凸部は5mmで3mmのネジ頭は約φ6なので
放熱器への角ブロック取り付けは2.6mmの六角ネジでナット締めとしています。
トランスの重量で基板がたわむのを防止する為に中央部分にも角ブロックを配置してあります。
合計で6点止めです。

20140719_100157

両サイドのDCジャックは出力電圧調整時のテストポイントにも予備の出力としても使えます。
電源スイッチはフロントパネルに配置しましたのでロッカースイッチは使用していません。
電源出力コネクターはノイトリックの5ピン・メスです。

側板の内側に貼ってあるテプラは実測した出力電圧範囲のメモです。

3端子レギュレータはユニバーサル基板のピッチとフィンのピッチを考慮に入れて
位置決めしました。
これも2.6mmの六角ネジで固定します。
LM337のフィンには絶縁シートをかましています。

電源トランスの温度上昇を緩和させる為に天板とシャシーには

取り付け時にワッシャーを1枚入れて自然対流で熱を逃がそうと考えています。

20140719_100239

オーソドックスな回路構成です。

20140719_110354_2

ずっしりとした電源に仕上がりました。

まだ自虐的にUSBDACには通電はしません。

USBDACの通電はケーシングまでのお楽しみです。


2014年7月11日 (金)

ElectrArt USBDACの為の電源装置

はやる心を抑えてElectrArt USBDACの火入れはこの電源を作ってからにしようと思う。

左右独立の+/-15V電源とUSBDAC用+5V、AD用+5Vという構成です。
ElectrArt USBDACをケーシングしてHPAも一緒に組み込む予定です。

1_2

2014年7月 9日 (水)

ElectrArt USBDAC I/V・LPF部の組立て

DigiKeyから薄膜チップ抵抗0.1%が到着したので早速組み立て開始です。

I/V Convertorの2200pFはSoshinの2000pF(1%)を実装しました。
OPA電源の電解コンデンサーは100uF/25V以上を推奨と有りましたが
実装がきついのでI/V部は47uF/50VにLPF部は220uF/25Vにしました。
出力のカップリングコンデンサーはSILMIC(100uF/50V)を実装。
実装の際にコンデンサー達のフォーミングに時間がかかりました。
OPA2134が2個しかない事に気づき、火入れは後日!

20140709_204322_2

20140709_204542

ElectrArt USBDACから目が離せない。

回路図はまだ開示されていませんが
とても奇麗なアートワークが開示されていました、これは回路図と同等ですね。

パネルの寸法図も開示されてDIY'erには嬉しい事です。

I/V Converter用の薄膜チップ抵抗器はDigiKeyからの到着待ち。
基板を眺めていて最短距離の信号ラインが音だしに期待を膨らませます。
完璧にグランドループを隔離する一直線に並べられたADuMのアイソレータ達が美しい。

20140706_202909

デカップリング・コンデンサーを物色中。
100uF/25Vがこの箇所ではチョイときつい。
耐圧と容量を天秤にかけてピッタリ収まるコンデンサーにするか思案中。
20140705_205412